スポンサードリンク
スポンサードリンク

歯科インプラント治療と抜歯

インプラント治療を行う場合、もともとあった自分の天然歯を抜歯してインプラントを施すことになるのですが、いままで抜歯を行い、抜歯部分に即インプラント治療を行うことは困難とされてきました。また、歯がグラグラしている、歯をぶつけて根元の部分が折れてしまったなど、すぐに抜歯を行って、歯を補わなければならなかった場合でも、抜歯してから歯肉の出血が治まり安定して、傷口がふさがるまでの間はインプラント治療を行うことができませんでした。しかし現在では、抜歯後のインプラントとして、「抜歯即時インプラント」という技術が開発され、抜歯からインプラント治療によって人工歯を埋め込むまで、歯のない期間が全くないのです。また、もともと歯がない、歯根がないという抜歯状態でもインプラントによって補うことができますので、インプラント治療を行っている病院に相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

抜歯後のインプラントと骨再生法

抜歯を施した後にインプラント治療を行う際にインプラント前の仮歯を使用する方法が多く取られています。これは、天然歯の歯根がインプラントによって埋め込む人工歯の土台よりも若干大きいという傾向を解決するもので、歯根に安定感を持たせるため、骨再生法、インプラント用語でGBR法を使用し歯骨の隙間を埋めるのです。また、歯の隙間をしっかりと固定するため、仮歯を入れます。仮歯を入れた後には接着剤のようなもので周囲の歯と仮歯を固めます。2,3ヵ月後に安定した所で仮歯を抜き、インプラント治療を行います。これによって、抜歯した後の歯骨と土台の隙間がなくなり、きれいに仕上がるのです。

抜歯即時インプラント

インプラント治療行う受診者で最も希望が多いのが「抜歯即時インプラント」です。抜歯後、インプラントのよって歯を入れるまでの期間がとても短いと言うのがその理由です。いままでは抜歯した後、抜歯部分の歯肉がふさがったことを確認した後にインプラント治療を行っていました。歯肉の穴がふさがるまでには最低2,3ヵ月は期間を要します。そこからまた抜歯部分にインプラントの土台の埋め込みを行い、仮歯を入れ安定を図るので、さらに3ヵ月。そして本歯をいれるとなると、1本の歯をインプラント治療する為に7〜10ヵ月を要していたのです。しかし、現在は抜歯後の歯骨にすぐに土台を埋め込むので、想像以上にインプラント治療の期間短縮に繋がっています。この技術の進歩によって、インプラント治療を行ってみようという人が増えたことも事実です。

歯科インプラントと抜歯 - 人気の抜歯即時インプラント