スポンサードリンク
スポンサードリンク

歯科インプラント治療とブリッジの比較

インプラント治療が、人工の歯根を歯茎に埋め込み、セラミックなどの人工歯を取り付けることに対し、ブリッジは、人工歯を入れ歯のようにして歯と歯の間に挟みこみ、固定することをいいます。インプラント治療が確立されていなかった時代は、歯を失ったらブリッジで治療するということが一般的でした。インプラントもブリッジも、どちらも人工歯を口内にとりいれることには変わりはありませんが、インプラントとブリッジを比較してみると、インプラント施術のほうが人工歯としては優れているように感じますね。ブリッジとはいわば入れ歯ですので、外れてしまったり、不安定だったりします。また、不衛生にしておくと、口臭の原因や口内の菌の繁殖を手伝ってしまいます。それに比べインプラントは直接自身の顎に人工の歯根を入れる方法ですから、施術後の安定感はもちろんのこと、毎日のブラッシングによって清潔感も保たれます。インプラントは自分の歯で物を噛んでいる感覚を得ることもでき、ブリッジよりも近年では人気が高まりました。

スポンサードリンク

インプラントとブリッジの費用

インプラント治療は、より自分の歯に近く、手入れも簡単で衛生的という代わりに、保険の適用がきかないことが、費用の最大の問題点です。確定申告を行う際、医療費控除として申請することは可能なものの、保険の適用がきかないということは、医療費控除の返還が行われるまで、自分自身で100%の金額を手元からいったん医療機関に納める必要があり、インプラント治療に興味があるものの、イマイチ踏み切れないと言われている原因はそこにあるでしょう。インプラント治療に比べ、安価で保険の適用がきくブリッジ型の治療は、費用の負担額という面でまだまだ人気があるようです。医療機関に支払う金額も、自己負担である30%を納金すればよいのですから、手軽に取り入れることのできる方法なのですが、インプラントに比べてブリッジでの治療は少し難点がつきまといます。ブリッジ治療を行うにあたって、ブリッジをかける土台を口内に作らなければいけませんが、土台を作るには失った歯の両側の歯を少し削らなくてはいけません。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の違い

インプラント、ブリッジ、入れ歯。失った歯を取り戻すための代表的な治療方法はこの3種類でしょう。インプラント、ブリッジ、入れ歯で一番大きく違う面と言えば、治療にかかる費用の面でしょう。インプラントは施術に100万円〜200万円をようします。ブリッジも土台を作成して両側の歯にかけるまでこうな環境の整備などでそれなりの価格になります。しかし入れ歯は、通常の入れ歯の素材や治療方法なら費用が安いのです。インプラントは高額ではあるというデメリットの部分ばかりが注目されがちですが、天然の歯と同じ位キレイになる、歯根を埋め込むので顎の骨が退化しづらくなる、自分の歯と同様しっかりと物が噛めるようになるなど、体の機能としてのメリットがとても多い治療なのです。ブリッジによる治療は、インプラントと比較すると安くて費用的に申し分がないのですが、健康な歯にあえて傷をつけるのが嫌なかたにはお勧めできないかもしれませんね。

歯科インプラント治療とブリッジ治療