スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントの治療とは

インプラントとは、人工の材料や部品を体内に入れて治療を行うことの総称です。つまり、骨折した場合、関節に人工の素材をいれたりする外科治療、シリコンを入れて豊胸手術を行なう美容整形、心臓にペースメーカーを入れたりする心臓外科治療は全てインプラントといわれます。歯科インプラントとは、簡単に言えば、歯のない場所に人工的な歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を作り、正常な歯の状態にする治療です。インプラント治療は、強度・耐腐食性・加工性に優れた金属やチタンの歯根を埋め込み、それに、様々な素材の人工的な歯をかぶせる治療です。最近では、歯科インプラント治療も普及しており、インプラント治療を専門的に行っている医療機関もあります。

スポンサードリンク

インプラント治療のカウンセリング

インプラント治療は、最初にカウンセリングから行います。インプラント治療においてもこのカウンセリングはとても大切な項目です。インプラント治療を受ける前に、自分の症状・どのような歯にして欲しいのかという希望を歯科医師に伝えます。また、インプラントの治療法についても、医師から詳しく説明を聞く必要があります。インプラント治療は、健康保険が適用されませんので、とても高額な治療法であり、手術後トラブルが発生しないように、細かくカウンセリングを受けるように心がけましょう。このときに、インプラントの使用部品の価格や、追加治療にかかる料金・インプラント治療にかかる費用の支払方法なども合わせて説明を受けておかなければなりません。

インプラント治療の検査

インプラント治療を受ける場合、手術を受ける前に、カウンセリングを受け、いろいろな検査を受けなければなりません。インプラント治療の検査は、まず、レントゲン撮影から始まります。これは、歯列全体をレントゲン撮影し、あごの骨や歯の状態を確認します。このレントゲン撮影で、骨の量や質・歯の周囲の歯肉などから判断して、インプラント治療が可能であるかどうか判断ができます。次にCT撮影をして、噛みあわせをチェックします。CT撮影で、インプラントの埋め込み部分を撮影して、あごの骨の形状などを調べます。かみ合わせは、歯形を取って模型を作り、噛みあわせを調べますが、これは、インプラント治療において、設計図といえるものですから、とても大切な検査です。インプラント治療の検査は、どの医療機関でも同じような検査をしますが、検査代金は医療機関によって差がありますから、事前に医療機関に確認をとってください。

歯科インプラント治療