スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントの費用からみるデメリット

インプラント治療は、入れ歯とは違い、インプラントを埋入し、人工のかぶせ物をかぶせて正常な歯の状態に戻す治療です。インプラント治療は、見た目も美しく、まるで自分の歯のような使い心地ですが、当然デメリットも在ります。インプラントのデメリットとしては、まず、その費用がとても高額であるということです。入れ歯などの治療とは違い、インプラント治療は健康保険が適用されませんから、全て自己負担の治療になります。インプラントは1本30万から50万円ほどの費用がかかりますから、負担が大きくこの点は、大きなデメリットといえるでしょう。また、高額医療になりますから、確定申告をすれば給付金が受け取れますが、申請は個人で行わなくてはならなく、手間がかかることもデメリットといえます。

スポンサードリンク

インプラントのデメリット

インプラント治療は、入れ歯のように構造物がないため違和感がなく、自分の歯と区別がつかないように仕上げることができます。また、顎の骨が痩せるのを防ぐことができます。しかし、インプラント治療にもデメリットがあります。インプラント治療は、顎の骨に、インプラントを埋入しますから、手術が必要になります。インプラント治療の場合、診察をして、診断を受けなければわかりませんが、顎の骨がとても痩せている場合、骨を造成することから始めますから、大きな手術になります。麻酔を施しての手術になりますから、体への負担も大きく、場合によってはインプラントの手術が受けられない場合もあります。歯科治療でこのような大きな手術を受けなければならないということは、大きなデメリットといえます。

インプラントの治療期間におけるデメリット

インプラント治療は、大きな手術を受けることになりますから、歯の状態も、健康状態も制約があります。インプラント治療を受ける場合、顎の骨が足りない時は、骨造成術を施してからの治療になります。また、インプラント治療を受ける箇所が歯周病になっている場合は、歯周病が治ってからの治療になります。つまり、インプラント治療を受ける場合、その前処置に時間がかかり、インプラント治療が完了するまでにはとても長い期間がかかります。この治療期間の長さは、インプラント治療においてデメリットといえます。また、心臓病や循環器系疾患・がん治療において放射線治療が顎の骨に照射されている場合は、インプラントの治療が受けられない場合もあります。患者の状態によって、治療が変わってくることもデメリットといえるでしょう。

歯科インプラント治療のデメリット - 費用と治療期間