スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントと保険

インプラント治療とは、歯根まで抜け落ちた歯に対して、人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせて、正常な歯の状態に戻す治療です。インプラント治療は、1本で30万から50万ととても高額な治療になります。インプラント治療は、健康保険が適用されませんので、全ての費用が自己負担となります。健康保険が適用されないために、インプラントにかかる費用は、医療機関によって違います。インプラント治療は健康保険適用外ですが、その費用は一定の条件を満たしていれば、高額医療控除を受けることができますから、確定申告をして、給付金を受け取ることができます。

スポンサードリンク

インプラント治療費と保険の関係

インプラント治療は、健康保険が適用されませんので、治療にかかる費用は全て自己負担となり、高額な治療費を支払わなくてはなりません。インプラント治療においても、付随する治療や、検査などは健康保険が適用されるものもあり、患者さんの症状によって、施される治療が違いますから、治療前に詳しくカウンセリングを受ける必要があります。インプラント治療は、健康保険適用外ですから、全て、自由診療となり、医療機関においてその料金は様々です。また、患者さんの症状において、治療法が違ってきますが、その治療の料金も健康保険が適用されません。しかし、インプラント治療は将来的にも、健康保険が適用される可能性はとても低いといわれている治療法です。

インプラントと民間保険

インプラント治療は、病気や怪我とみなされませんので、健康保険の適用外となり、治療にかかる費用は全て自己負担になります。インプラント治療の費用は、1本30万から50万といわれ、とても高額です。インプラント治療を受ける場合、民間の任意保険でカバーできるものがないかと探している方もたくさんいます。しかし、民間の医療保険であっても、保険とは、将来的に発生するリスクに対して備えるものですから、インプラント治療を受けるために医療保険に加入することはできません。つまり、インプラント治療は、健康保険も民間の医療保険も給付金を受け取ることはできない治療です。インプラント治療は、保険に適用されることはありませんが、高額医療になり、医療費控除の対象になりますから、インプラント治療を受けた場合は、必ず、確定申告を行い、医療費控除を受けるようにしてください。確定申告は、近くの税務署などに記入用紙が用意されていますから、また、必要書類などの説明も税務署に問い合わせると、丁寧に説明してもらえます。

歯科インプラント治療と健康保険