スポンサードリンク
スポンサードリンク

歯科インプラント治療と入れ歯

インプラント治療が急速に進む中、入れ歯が古くて格好悪いもののように話す人もいますが、それは違います。また、入れ歯が合わない時はインプラント、インプラントが合わない時は入れ歯、という具合に付け替えを行えばいいじゃないかと思っているかたも中にはいますが、安易にはできませんので、注意しましょう。インプラント治療と入れ歯について、それぞれのメリット、デメリットを考慮し、インプラントの治療を受けるか、入れ歯にするかと考慮しなければなりません。入れ歯よりインプラントが良い、入れ歯のほうが安全で良い、とどちらか一方のよい面だけに注目してしまうのはあまりよくありません。自分のライフスタイルや食生活を考え、最善の方法を選択できるのが、インプラントと入れ歯の賢い活用法となります。

スポンサードリンク

入れ歯の悩みをインプラントで解決

どうしても入れ歯を使用していると悩んでしまう局面が出てきます。人と接する機会が非常に多いかたは、入れ歯の形状や、入れ歯についた雑菌から出てしまう匂いなどが気になるでしょう。また、人前で外れてしまったり、入れ歯であることを知られたくないという精神的な悩みも付きまとうことが多いようです。他に入れ歯では物がよく噛めない、食物がおいしく感じられないなど、食に関する悩みも多いですね。そこでインプラント治療を受けることによって、この多くの悩みを解決することが可能になります。インプラント治療は、人工歯を直接歯茎に埋め込む施術ですので、人前で外れたりすることはありませんし、医師の技術によって見た目の形状もすっきりとして美しくなります。また、入れ歯特有の悩みである、歯茎と入れ歯の間に物が挟まってしまい、食事のたびに痛みを伴ってしまうようなこともありませんので、多くの悩みから開放されることになります。

インプラントと入れ歯の比較

インプラントと入れ歯を比較し選択するためには知っておきたいこと、考えておくべきことがあります。インプラントを施術する際、身体への影響や治療の安全性はどうなのか、満足度、よく噛めるかどうか。インプラント治療では直接顎の骨に土台を取りつけ歯茎に直接触れるわけです。もし、現在入れ歯を入れている状態でも十分に食物を噛むことができていれば、高額な費用のかかるインプラント治療をわざわざしてまで取り入れる必要はありません。入れ歯の清潔感を保つための日常的な手入れも行き届いていれば問題ありません。インプラントを施術する際の費用は、入れ歯よりもインプラント治療のほうがはるかに高額です。インプラントと入れ歯にはそれぞれ良し悪しがありますから、自分のライフスタイルをもう一度見つめ直してから、どちらかの治療法を選ぶとよいですね。

歯科インプラントと入れ歯 - メリット・デメリット