スポンサードリンク
スポンサードリンク

確定申告で歯科インプラント治療の医療費控除

インプラントは見た目だけの改善を計ったり整えたりする美容や矯正などの施術の種類とは異なります。また、自家用車などのぜいたく品でもありませんので、インプラント治療でかかった費用は確定申告の医療費控除の対象となります。インプラントの医療費控除を受けるには、居住管轄内の税務署へ申告を行うことによって、インプラント治療にかかったお金を返還して貰うことが可能です。インプラントを受ける際、医療費控除ができることを覚えておけば、インプラントの治療費など、予算を計算する時に大いに役立ちます。インプラント治療は非常に高額になる場合もありますので、自身の費用負担の軽減を計るためには必ず利用したいポイントと言えるでしょう。

スポンサードリンク

交通費も医療費控除の対象に

インプラントにかかった費用を確定申告の際に医療費控除として申請する時には、実際のインプラントの施術にかかった料金だけではなく、病院までの交通費も控除の対象として申請することができます。交通費をインプラントの医療費控除に含めるには、移動手段として使用した交通機関を使用した日時、インプラント治療の為に通っている病院名、病院までの交通費を控えておくことが必要です。交通費に関しては、電車、タクシーなど領収書が発行して貰えるような手段の場合は、インプラント治療を行っている本人の氏名で領収書を発行して保存しておくのが確実でしょう。領収書の発行が困難であるバスなどでは、乗車区間を交通費用を書き残し、同日病院へ通ってインプラント治療を行っていたことが証明できるよう、病院から発行される領収書とともに残しておきましょう。

インプラントの医療費控除の詳細

インプラントの医療費控除を受ける場合、医療費控除の対象となる条件がいくつか存在します。まず、1月1日から12月31日までの一年間に、医療費として支払った金額が、10万円以上であること。そして、医療費控除には上限金額があり、200万円までと定められています。インプラントの治療にかかる費用は一般的に100万円〜200万円が目安とされていますが、口内に使用する素材によっては200万円を超えてしまう場合も多々あります。この医療費控除の金額も念頭に置いて予算を立てるのがよいでしょう。また、医療費控除額のきちんとした算出方法があり、医療費控除額を出すには、支払った医療費の額から保険金等で補填された額を先に引きます。そして、そこから10万円もしくは合計所得金額の5%のいずれか低い金額を引いた金額かつ最高200万円までとなります。

歯科インプラント治療と医療費控除の申請