スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントの痛みの程度

インプラントの治療は、顎の骨にインプラントを埋入しますので、手術をしなければなりません。しかし、インプラントの手術は、強い痛みを伴うものでもありません。インプラントの手術は、特別な場合を除いては、入院する必要もなく、チタン製などの小さなねじ状のインプラントを顎の骨に埋め込む手術です。インプラントの手術は、十分に局部麻酔を施しますから、手術中に痛みを感じることはありません。インプラント治療は、手術を伴う治療ですから、麻酔が切れたときは、多少の痛みがある場合もあります。しかし、ほとんどの人が、手術後にひどく痛んだということはなかったようです。また、手術後2〜3日は、多少腫れたり、痛む場合もありますが、すぐに直ります。

スポンサードリンク

インプラント手術後の痛み

インプラントの手術後は、痛みも腫れも、通常2〜3日でおさまります。しかし、インプラント手術後、痛みも腫れも引かない場合もあります。このように、抜糸後も痛みや腫れが引かない場合は、インプラント手術の失敗または、縫合の失敗などが考えられます。このように、抜糸後も痛みが引かない場合は、すぐに治療を行った歯科医院が、最寄のインプラント専門歯科医院で受診することをお奨めします。また、インプラント治療後痛みが治まらない場合、人工の歯の形状が合わず、歯茎を圧迫し、歯茎が炎症を起こしている場合もあります。痛みの原因はいろいろと考えられますから、自己診断は危険ですからすぐに歯科医院を受診してください。

インプラントの痛みを軽減する

インプラント治療を受けたいと思っていても、手術の痛みが怖くてなかなか治療を受ける勇気が出ない人もたくさんいます。そのような人のために、痛みの少ないインプラント治療もあります。無痛鎮静法という方法があり、完全に眠った状態で手術を受ける方法です。また、麻酔針をとても細いハリにして、痛みを抑えたり、麻酔の注射をする前に、注射する場所に、麻酔薬のしみこんだシールを張り、針を刺す場所をあらかじめ麻酔しておく方法もあります。また、インプラント治療の痛みをなるべく軽減するために、歯肉を切開する長さをできるだけ小さくして、短時間で正確に安全にインプラント埋入する努力がされています。このようにできるだけ小さく切開をすると、インプラント手術後も、ほとんど痛みを感じないように処置できます。手術後2〜3日は痛み止めを服用すると、痛みに悩まされることはありません。

歯科インプラント治療の痛み - 局部麻酔と抜歯