スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントの寿命

インプラントは高額な治療方法ですから、その寿命は何年くらい持つものかとても気になることだと思います。インプラントは、チタンでできていますから、通常、何もトラブルが起こらない場合、半永久的に使用できるといわれています。つまり、インプラントの寿命は、インプラント治療後のメンテナンスをどれくらい気をつけて行っているかによって違ってきます。インプラント自体の、寿命はとても長く安定しています。中には40年近く正常に機能している症例もあります。ただインプラントも歯周病になりますから、気をつけなくてはなりません。自分の従来の歯と同様に、歯磨き、予防歯科の受診などに気を配り、いつも健康な状態に保つようにしてください。

スポンサードリンク

インプラントと入れ歯の寿命

歯が抜けて、入れ歯を使っている人もたくさんいます。インプラントと入れ歯の寿命の違いはどれくらいのものなのでしょうか。その寿命の違いは、インプラントと入れ歯の違いを考えなくてはなりません。インプラントの場合、なくなった歯根の回復まで行っております。入れ歯やブリッジの場合、歯冠の回復はできますが、歯の土台である歯根の回復は行っておりません。歯根がなくなりますと骨が痩せてきますから、歯茎の形状も変わってきます。入れ歯は、歯茎の形状が変わってきたら作り変えなければ成りません。インプラントは、歯根を回復していますし、インプラントの治療時に、骨の形成もします。また、インプラントの場合、丈夫なチタンを使っていますから、手入れをきちんと行っていれば、半永久的に使用できるのです。

インプラントの寿命を長くする努力

高額な治療費を払って、行ったインプラント治療ですから、長く使って生きたいものです。それでは、インプラントの寿命を延ばすには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。インプラントは、チタンでできており、それ自体は半永久的に使用可能です。また、虫歯になる心配もありません。しかし、インプラント治療を行っていても歯周病にはかかってしまいます。歯周病にかかってしまうとせっかく埋入したインプラントが抜け落ちることもあります。つまり、インプラントの寿命を延ばすためには、毎日の歯磨き、定期健診が必要となります。インプラントの治療を行っている歯科医では、保障期間を設けている歯科医もありますから、定期的に受診し、インプラントだけでなく、自分の歯の健康状態も見てもらってください。こまめな受診と、毎日のお手入れが、インプラントの寿命を延ばす最善の方法なのです。

歯科インプラントの寿命 - 歯磨きと定期健診