スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラント治療と矯正

歯並びが美しい歯は、とても美しく、顔の表情も違ってきます。インプラント治療は、歯のない場所に、人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯をつけて、正常な歯の状態にする治療です。インプラント治療と歯科矯正の関係とはどのようなものなのでしょうか。普通、歯科矯正は、歯並びの悪い歯列にブリッジなどを渡し、時間をかけて、歯の並びをきれいにしていく治療方法です。主に、子供や若い人向けの治療と思われています。歯の常態が正常でないと歯科矯正はできないと思われています。また、抜け落ちた歯をそのままにしておくと、元気な歯の並びが悪くなってきます。つまり、インプラント治療などを受けて、正常な歯の状態にしておかなければ歯並びも悪くなってしまうのです。

スポンサードリンク

インプラント治療と歯科矯正の必要性

歯が抜けてしまうと、どのようなことが発生するのでしょうか。歯を一本失っただけで、食べ物を食べるのが不自由になったり、筋肉痛や頭痛になることもあります。しかし、一番怖いのは、歯だけでなく歯根まで失ってしまうと、歯の周りの骨がやせ細り、健康な歯が徐々に移動し、歯並びも悪くなって、噛みあわせが悪くなり、物が噛めなくなってしまいます。インプラント治療を受けることによって、歯根と歯を再生して、歯を正常な状態に戻すことで、歯並びもよくなってきます。つまり、インプラント治療は、歯科矯正の役割も果たしているのです。歯根がなくなることが、歯並びに関係してきますから、この歯根を再生するためには、インプラント治療しか方法がありません。インプラントで歯根を再生し、歯並びも矯正してみませんか。

インプラントと矯正の関係

インプラント治療は、歯根がなくなった歯を治療する方法です。インプラント治療は、あごの骨にインプラントを埋め込み、その上に人工の歯をかぶせます。インプラント治療は、レントゲン撮影をしたり、噛みあわせを細かくチェックしますから、治療後は正常に歯のあった状態になります。インプラント治療を受けると、歯ができ、正常に戻りますが、利点はそれだけではありません。インプラント治療を受けることで、歯根が再生されますから、歯が抜け落ちて、正常な歯のならびにゆがみが出ていても、徐々に正常な歯並びになってきます。インプラント治療は、歯の再生治療だけでなく、歯科矯正の役割も果たします。特に、歯根がなくなった骨は痩せてきますから、歯並びが崩れやすくなります。インプラントで歯根を再生することにより、健康な歯の矯正もできるのです。

歯科インプラント治療と歯列矯正