スポンサードリンク
スポンサードリンク

ミニインプラントとは

インプラント治療は、歯茎を切開し、インプラントを埋入して、かぶせ物をする治療方法ですが、最近では、ミニインプラントと呼ばれる治療方法もあります。ミニインプラントとは、どのような治療方法なのでしょうか。ミニインプラントとは、通常のインプラント治療のように、歯肉を切開しません。ミニインプラントは、歯肉の上から直接穴を開けていく方法です。このミニインプラントの術式ですと、インプラントの治療に比べて、簡単で、とても短時間の治療で完了します。ミニインプラントの手術は、歯肉部の知覚を麻痺させてから麻酔を行いますので、麻酔時の痛みも少なく、また、治療中も治療後も、インプラントと比べて、とても痛みが少ない治療法といわれています。

スポンサードリンク

ミニインプラントが有効な症状

ミニインプラントとは、歯茎を切らない治療法です。ミニインプラントの治療はどのような人に向いているのでしょうか。ミニインプラントが有効な場合とは、入れ歯をしている人で、物を食べている時に入れ歯が動いて不快な思いをされている方・硬いものやひっつきやすいものを普通に食べることが困難な方・十分にかめないため、医の調子が悪くなった方などにはとてもお奨めの治療法です。インプラントとは違い、ミニインプラントとは、入れ歯が合わなくて悩んでいる人に対して、食べることの楽しさを感じてもらおうという主旨の基、考えられた治療法であり、インプラントより、とても気軽に受けることができる治療法になっています。

ミニインプラントの治療法

ミニインプラントの治療法は、インプラントと違い、歯茎を切らないで細いねじを埋め込む方法を使います。ミニインプラントの手術は、痛みも少なく、とても短時間で終わる手術です。ミニインプラントの手術は、まず、歯茎に麻酔をかけます。次に、専用のドリルで、歯茎に穴を開けます。ミニインプラントを歯茎にねじ込みます。次に、このミニインプラントを骨に固定させます。最後は、入れ歯の裏側に特殊な金具を取り付けて終わります。つまり、入れ歯とミニインプラントがホックを止めるようにつくようになっているのです。ミニインプラントと入れ歯は簡単に止めたりはずしたりできるようになっています。入れ歯の手入れも、とても簡単に行うことができます。ミニインプラントの最大のメリットは、手術もとても短時間ですみますし、手術後すぐに入れ歯をつけることができますから、手術を受けたその日から、入れ歯を入れて食事をすることができるのです。

ミニインプラント