スポンサードリンク
スポンサードリンク

ミニインプラントと化膿

ミニインプラント治療は、歯茎を切開しない治療法ですが、歯茎に穴を開けて、ミニインプラントとを埋入しますから、場合によっては様々なトラブルも発生します。ミニインプラント治療は、成功率の高い手術ですが、トラブルが発生する場合も無いとは言えないのです。ミニインプラントの治療を受け、痛みが止まらないので、検査を受けたら、化膿してしまっていたいう場合もあります。ミニインプラントの治療は、歯茎を切開しませんが、歯茎に穴を空けますから、傷口からばい菌が入るなどすると、稀に化膿する場合もあります。ミニインプラント治療後、痛みが治まらなかったり、腫れが引かない場合はすぐに歯科医の受診を受けてください。

スポンサードリンク

ミニインプラント治療後化膿しないために

ミニインプラントは、インプラントに比べて、手術も簡単ですし、費用の面においても安価で、とても受けやすい治療方法です。入れ歯が合わなくて、物を食べる時などに不快感を覚えている人にはとても有効な治療法です。しかし、気をつけないと、傷口が化膿する場合もあります。ミニインプラント治療を受けた後は、専門の歯科医から、化膿止めの抗生物質を処方されますが、必ず医師の指示に従って服用しましょう。ミニインプラントは、簡単な手術といわれ、治療後は、その日に帰宅することができます。また、食事も可能になりますが、傷口がふさがっていない場合もありますから、ばい菌が入る可能性もあります。化膿を防ぐための抗生物質ですから、必ず服用しましょう。また、口の中を清潔に保つように努力してください。

ミニインプラントの治療後の化膿

ミニインプラント治療は、歯茎に穴を空けて、ミニインプラントを埋め込み、入れ歯を固定する金具をつける手術をします。治療後は、医師から、痛み止めと化膿止めを処方されることがほとんどです。ミニインプラントを埋め込んだ傷口からばい菌が入り、化膿する場合もあります。そのように化膿しないために、抗生物質を処方してもらいます。特に高齢者は抵抗力が低く、ミニインプラントの傷口が化膿する場合があります。必ず、医師から処方された抗生物質は、処方箋の指示にしたがって服用してください。また、ミニインプラント治療後、2〜3日経っても、痛みがひどい場合、腫れが引かない場合は、化膿している可能性もありますから、早急に医師の検査を受けてください。ミニインプラントが化膿した場合、歯茎の中が炎症を起こしている場合もありますから、見た目には分かりづらいこともありますから、痛みが続く場合は、必ず受診してください。

ミニインプラント治療と化膿対策