スポンサードリンク
スポンサードリンク

ミニインプラントの矯正方法

ミニインプラント治療は、入れ歯が使い辛かったり、下あごの入れ歯を安定させるのにとても効果がある治療法といわれています。最近では、入れ歯の固定だけでなく、歯科矯正の方法としても使われています。それでは、ミニインプラントの矯正方法とは、具体的にどのようになっているのでしょう。ミニインプラントの矯正方法の手順は、まず、麻酔を施します。余分な歯を抜歯します。歯茎の上から、骨の表面に小さな穴を空け、ミニインプラントを固定します。これを杭のように使い、このミニインプラントを使って矯正を行います。ミニインプラントの矯正治療は終了します。ミニインプラントの矯正は短時間で治療が終了し、インプラントと比べて費用も安く、痛みも少ない、手軽に受けれる矯正方法です。

スポンサードリンク

ミニインプラントの矯正のメリット

今までの矯正方法は、例えば、上の前歯の出っ歯を矯正したい場合、糸切り歯の後ろの歯を抜歯し、前歯と奥歯をワイヤーで引き合います。このような矯正方法では、前歯も動きますが、奥歯も前に動いてしまいます。本来なら、抜歯して空間になった場所全体に前歯が動くことを目的としていますが、せっかく抜歯しても、6割から9割しか前歯は引っこまない場合が多くみられます。ミニインプラントを使った場合、チタン製のミニインプラントを埋め込み、これを奥歯の代りに杭のように使い、矯正を行います。このミニインプラントの矯正方法は、奥歯が動くこともなく、矯正の時間も短く治療できますが、完璧な矯正方法ではありませんので、歯科医とよく相談して使ってください。

ミニインプラント矯正の特徴

ミニインプラントを使った矯正方法では、今までの矯正歯科治療では、治療が困難とされていた、大臼歯の圧下・近遠心移動ができます。また、ミニインプラントの矯正方法を使えば、抜歯をしなくても矯正治療が可能です。また、骨格による、不正咬合の改善も、ミニインプラントの矯正治療で改善ができます。インプラントを埋め込んで矯正治療ですから、歯の移動に制限がありません。ミニインプラントの矯正治療に使うミニインプラントは、矯正治療が終わったら撤去します。他の矯正治療との併用が可能な治療法です。この矯正治療に使うミニインプラントは、周囲の軟組織への刺激が少なく、粘膜のキズが治ると、すぐに使用開始することができます。このように、今までの矯正治療にはいろいろな制限がありましたが、ミニインプラントを使うことにより、矯正治療に制限が少なくなりました。

ミニインプラント治療と歯列矯正