スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラントの認定医とは

インプラントを専門に治療する歯科医には、インプラント認定医という歯科医がいます。このインプラント認定医とは、国際インプラント学会が認定する、インプラント専門医のことで、国際インプラント学会が実施する、インプラント認定医審査会に合格した、歯科医がインプラント認定医として、認められるのです。国際インプラント学会とは、日本国内ばかりでなく、世界のインプラント治療の技術の情報を会員の人に広め、認定医のインプラント技術の向上に努めています。国際インプラント学会は、ドイツ最大のインプラント学会と提携しており、インプラント治療の本場、ドイツの最新情報を、認定医の歯科医に早く提供するように努めています。

スポンサードリンク

インプラント認定医の試験

インプラント治療の認定医になるためには、国際インプラント学会が実施している認定医試験に合格しなければなりません。インプラント認定医試験は、年1回実施されます。インプラント認定医試験の受験資格は、歯科医師の資格を持ち、AIAI会員であれば受験できます。国際インプラント学会における認定医試験は、いろいろな種類があり、インプラント治療において20症例提出しなければならないもの、50症例のものなどがあります。また、インプラントコーディネーター試験というものも実施しています。インプラント認定医の試験の詳細は、国際インプラント学会の公式ホームページにくわしく掲載されています。また、認定衛生士の試験も実施しており、それぞれ受験資格が違います。

インプラント認定医のメリット

インプラント治療は、とても高額で、健康保険が適用されない治療です。インプラント治療を受けたい場合、やはり、インプラント認定医の歯科医師であれば、とても安心して治療を任せることができます。インプラント認定医は、国際インプラント学会の審査に合格するとインプラント認定医として、認められます。また、インプラント認定医になると、国際インプラント学会の公式ホームページでも、認定医として紹介されます。国際インプラント学会のホームページでは、インプラント認定医を地域別に探すことができ、歯科医院の名称・電話番号などが紹介されています。インプラント認定医になると、インプラント技術の情報も早く送られてくるので、患者側からみても、とても安心で、歯科医を選ぶ基準になることもあります。インプラント認定医がいる歯科医院には、インプラント専門の歯科衛生士・インプラントコーディネーターなどもいます。インプラント専門歯科衛生士の試験も、国際インプラント学会が実施しています。

歯科インプラントの認定医 - 国際インプラント学会が認定