スポンサードリンク
スポンサードリンク

インプラント埋入後の失敗

インプラント治療は、成功率90%といわれており、とても失敗の少ない治療と言われていますが、失敗する可能性もあります。インプラント埋入後の失敗としては、インプラント埋入後2〜3週間で脱落する場合があります。この場合、細菌の感染が考えられます。ヘビースモーカーや、成人病・生活習慣病にかかっている人に多く見られる失敗です。このインプラント失敗の場合、インプラントが抜けて2〜3ヵ月後にもう一度インプラントの植立をすると、ほとんどの場合成功します。また、インプラント埋入の時に、下歯槽神経を傷つけ、痺れが出るような失敗もあります。また、インプラント埋入時に、上顎洞の粘膜を貫通する失敗をすると、鼻血が出る場合がありますが、普通1〜2週間投薬治療を受けると完治します。

スポンサードリンク

インプラントのかぶせ物の失敗

インプラントを埋入し、人工の歯をかぶせた後の失敗としては、発音がしづらいというものもあります。これは、失敗とはいいがたく、入れ歯をしていた人がインプラント治療を受けた場合、歯の厚みが違ってくるために起こる症状です。しかし、慣れてくると正常に戻ります。インプラント埋入後、噛みあわせがおかしく、顎関節症になるようなことがあります。これは、医者のかみ合わせを修正する技量による失敗といえます。また、インプラントの設計の問題による失敗は、とても深刻です。場合によっては回復がとても難しい場合もあります。また、インプラントの失敗とはいえないかもしれませんが、インプラント埋入後、定期的なメンテナンスを受けなければ、歯周病になりインプラントが脱落することもあります。

インプラントの失敗を回避する

インプラントは成功率が90%と、成功率が高い治療ですが、失敗がないわけではありません。それでは、インプラントの失敗を避けるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。まず、失敗を回避するために一番大切なことは、担当医とのコミュニケーションをよくとることです。インプラント治療を受ける前に、医師に自分の希望を伝え、医師に理解してもらい、医師の説明をよく聞くことです。インプラント埋入後の失敗を避けるためには、定期的に検診を受けてください。インプラントは人工的なものですから、定期的な検診は必要です。インプラントの失敗を避けるために、とても大切ですが、一番難しいのは、信頼できる医師に出会うということです。インターネットなどでインプラント治療の情報などをたくさん集め、信頼できる歯科医を見つけることがとても大切です。

歯科インプラント治療の失敗談 - 成功率90%